ちびくじらのFX生活

為替FX(デイトレード・スワップポイント)の勝率をあげるための1次情報を発信するブログ

ざわ…!FXで負ける・借金する人の5つの特徴を徹底分析

新しいブログに移転しました!

3秒後に新ブログに移動します。

ざわ…!FXで負ける・借金する人の5つの特徴を徹底分析

FXで負ける・借金を背負う人の特徴

 

こんにちは、ざわ…ざわ…のカイジが大好きなちびくじら(@chibikujira_777)です。

FXを始めようか検討している人の中には、  

・どうしてFXで負ける人がいるの?原因は何?

と疑問に思う方がいるかもしれません。 

そこで、このページでは、

FX投資初心者の方に向けて、

▶FXで負ける・借金する人の5つの特徴
▶FXで負けるときの具体的なパターン
▶FXの借金で自己破産はできるのか?

について解説をしていきます。将来カイジのように借金をしないように注意をしていきましょう!ざわ…ざわ…

 

FXで負ける・借金する人の5つの特徴について【結論】

まず、結論から先にお話すると、FXで負けて借金をする人は次の特徴があります。

  • 運で勝ったときに実力と勘違いをする

  • 必要以上にレバレッジをかけてリスクを取った勝負をする

  • トレードで感情的になって損失を出してしまう

  • 計画性がなく狼狽売りをしてしまう 
  • 負けを取り返そうとギャンブルのようにのめり込む

また、このような性格の人はズルズルと底なし沼のようにFXの闇にハマってしまい、最終的には人生すらも損切りをしてしまいます。

FXでの借金は弁護士に相談をすると、自己破産・任意整理といった方法を最良の方法を提案してもらえますので、借金をしている人は諦めないで専門家に相談をした方が良いです。

 

FXで負ける・借金を背負う人の5つの特徴(原理)について

FXで負ける(借金をする)人の原理

*前提

管理人は、FXは実践中ですが、パチンコ・スロットで実績を出していますのでそのときの経験を踏まえて説明していきます。

 

運で勝ったときに実力と勘違いをする

FXでは上がる下がるのどちらかに賭けて当たる人も中にはいます。スロットに例えると1ゲーム目でGODを引くようなパターンですね。FXをやり始めたときにたまたまうまく行った人が中にはいます。

投資の世界では、運も実力のうち」という言葉は身を滅ぼします。
運に任せたトレードは、

  • 負けても、運が悪かったから、たまたまだと思い自分のトレード手法を変えない

という人がいます。
できるトレーダーの心構えは、

  • 勝ったらたまたまだと謙遜をすること
  • 負けたら実力不足だと自分を戒めること

になります。この2つがないと慢心をしてしまい将来的にトレードで大きなミスをしてしまいます。稼いでいるトレーダーは人間的にも成長していると言われる理由がここにあるんですよね。

 

力量以上にレバレッジをかけてリスクを取った勝負をする

トレーダーを初めた人の中には、自分の力量よりも大きな金額をかけて勝負をする人がいます。そういった人は、

  • ポジションに対してチャートが下がったらどうしようと悩んで眠れない
  • 毎日、下がっていくチャートを見続けてストレスが貯まる

これはどういうことかというと、自分の力量以上にリスクをとって勝負をしているからです。できるトレーダーは、ポジションに対して最悪0になるリスクを含めてポジションを取っています。そこまでの覚悟と戦略がないがゆえに、リーマンショックやブレクジットといった大相場のときに耐えきれなくなり狼狽売り、そして大損失を招いてしまいます。

あくまでも、FXは余剰資金・計画をもった投機をしていかないと、不確実性の高いFXの環境では一発退場してしまいます。

ちょうど、今記事を書いている日(2018年7月17日)にビットコインが10%程、一気に高騰をしました。Zaifのチャットを見ていたら、「寝ショートをしている間にヤラれた…明日からどうしよう…」という書き込みがありました。

これを見た時、投稿者は必要以上にリスクをとってショートのポジションを取っていたのだと感じ、リスク・メンタルコントロールをして「一発退場は絶対に避けなければならない」と改めて胸に誓いました。

 

トレードで感情的になって損失を出してしまう

トレードをしていると、ネットの情報を見ると、

  • この銘柄のチャートはこれから上がる、確信しかない
  • 今買わないと将来絶対に後悔する
  • 強烈なファンダが出ているからトレンド転換しかない

という誘惑のような情報がいろんなところにありますよね。この誘惑に負けてついつい高値づかみをして、そのあとに損切りをしてしまった人は多いですよね。

私は、そういったイナゴ的に動く場面もありましたが、こういって動いたときは成功しませんでした。というのも戦略がなかったからですね。どのタイミングで売るかも具体的に考えきれてなかったときもあります。

その後に反省をして、機械的にトレードをするとルールを決めて、そのルールを日々守るようにしました。初めのほうは、

  • もうちょっと上がってから売れば良いんじゃないか?
  • もうちょっと下がってから買えば良いんじゃないか?

という感情がありましたが、日々自問自答をしてルールを守るようにしました。感情を抜いてルールでトレードに徹することで利益が増えていますね。

 

出口戦略がなく狼狽売りをしてしまう 

FXをしている人の中には、

  • 儲かりそうという情報を聞いてなんとなく購入した

という人がいます。愚かな人は、いつこの通貨を処分するのかという戦略が描けていないです。そのため、

  • 大きく相場が逆に動いたときに逃げ遅れて狼狽売りをしてしまう

ことがあります。計画性がなく子供を作って虐待をする親と似ているのかもしれませんね。

 

負けを取り返そうとギャンブルのようにのめり込む

FXで負けている人の中には、

  • 普段の生活費の足しにしようとFXを始める
  • FXを始めてみたけど負けてしまった
  • FXをできたら辞めたいけど負けを取り返してから辞めたい
  • 負けを取り返すどころか逆に借金が増えてしまった

というケースがあり、FXをギャンブルのようにハマる人がいます。
具体的なハマるパターンは後で説明をしますが、負けをFXで取り返せるかどうかも計画性がないとダメなわけです。

  • パチンコの負けをパチンコで取り返すとつぶやいている老人

を想像するとわかりますが、このパチンコをFXに変えると重大さが分かりますよね。
そこに戦略がないと、同じ失敗を繰り返してしまうわけですね。

 

  

FXで借金を背負う具体的なパターン

FXで借金になるパターン

次に、FXで借金を背負ってしまうパターンを4つ説明をします。

  • チャートで想像をしていた逆の動きになる
  • 数年・数十年に1回の出来事で再起不能になる
  • 年末年始の暴騰・暴落でロスカットができない
  • 取引所のトラブルで再起不能になる

チャートで想像をしていた逆の動きになる

良くTwitterを見ていると、チャートの予想をしている人は多いですよね。FXの場合は、チャートは騙しあげみたいなケースがいくらでもあるわけです。

「チャートのトレンドを読んで買いのロングを入れてみたけど、下がって損失が出てしまった」

よくありますよね!?

 

数年・数十年に1回の出来事で借金をして再起不能になる

数年に1回・数十年に1回というレベルで不確実性の高い大きな出来事で再起不能になる人も中にはいます。

  • リーマンブラザーズが破綻すること
  • 東日本大震災で原発事故が起こること
  • イギリスがEUから離脱すること

この数十年に1回・百年に1回レベルの出来事で相場が大きく動きましたよね。必要以上にリスクを取っていた人はこの大相場で退場をすることになりました。中には借金を背負ってすぐには再起できない人も出てきました。

  • 数年・数十年に1回の出来事は必ずどこかで遭遇する

という前提でリスク管理をすることが大事なわけですよね。リーマンショックから約10年が経ちました。いつ次の大相場が来るか想像をしてからFXに取り組むと良いかもしれませんね。

 

年末年始の連休明けの暴騰・暴落で取引所はロスカットが遅れる

年末年始の連休中は連休の間に相場に関わる大きなニュースもあったり、年度が変わる境目でもあったりするので、連休明けに大きく暴騰・暴落をすることがあります。連休明けにいきなり数円動くことがあるので、取引所ではロスカットが遅れて大幅な損失を出す人も多いです。

 

取引所のトラブルで借金をして再起不能になる

FXをしている人の中には、取引所のトラブルで借金を背負う人がいます。

具体的には、サーバーの処理が遅れてしまい、強制ロスカットとなるべきところが注文が追いつかずに追証が発生をして多額の借金を抱えてしまうというパターンですね。

FXの会社のトラブルだから追加証拠金を払いたくない」というのが本音なところですが、予め、「証券会社のシステムトラブルによる強制ロスカットの遅れによる損害については責任を負いません」という説明文に同意をしているので注意が必要なんですよね。

 

FXで借金を背負う人たち(具体例)

FXで借金を背負う人たち-大学生-主婦(妻)

次にFXで借金を背負う人たちについて2つの具体例で説明をします。

  • 学費をFXで溶かしてしまった大学生
  • 小遣い稼ぎと始めたFXで大金を溶かした主婦(嫁)

学費をFXで溶かしてしまった大学生

数十万円の学費を親からもらい、FXを始めた大学生。
始めた理由は、

  • サークルの友人がFXで稼いで羽振りがよく、モテていて羨ましい
  • あいつができるなら、俺もできるはず
  • 彼女とのデート代・海外旅行をするための遊ぶお金が欲しい

という欲望からのFX。

初めの方はビギナーズラックで勝っていたが、気づいたら貰った学費50万円を溶かしてしまう。親に怒られるのが嫌だから学生ローンで借金をして気づいたら100万円の借金にまで膨らんでしまった…

  • 親に相談ができずに困っている
  • 借金を返すために、パパ活・風俗嬢になるしかない
  • 大学も退学をしてしまうかもしれない…泣きたい
  • FXなんで始めなければ良かった

というケース、少なくないかなと。

小遣い稼ぎと始めたFXで大金を溶かした主婦(嫁)

夫が大手企業に勤めて、年間収入103万円以下のパートで働く主婦。
始めた理由は、

  • 主婦仲間がFXで稼いで車を買い替えて羨ましい
  • あの人ができるなら、私もできるはず
  • いつも節約ばかりで私も自分へのお金が欲しい

という欲望からのFX。

こちらの方も、ビギナーズラックで勝っていたが、気づいたら夫と一緒に貯金をしていた300万円を溶かしてしまう。更には子供の将来の学費にも手をつけてしまう…このままではいけないと損を取り返そうと借金をしてリスクをとった勝負をして更に損失が膨らんでしまう

  • 夫に内緒でFXをして借金をして相談ができずに困っている
  • 夫に相談をしたら離婚を切り出されるんじゃないか困っている

というケース、少なくないかなと。

 

管理人は、くぐってきた修羅場がいくつかあって、リスクを管理して相場(鉄火場)に行かないとカモになるということを何度も経験をしてきました。 上のケースだとスタートが間違っていて、資金に余裕がないところでのトレードは感情に左右されやすくなるんですよね。

資金に余裕を作ってトレードをするためには、安定的に入ってくるキャッシュを増やすことが大事なんですよね。そこの視点がないと厳しい戦いになるわけです。

 

FXの借金は自己破産できるのか?

FXの借金で自己破産はできる

最後にFXの借金で自己破産ができるのか?というお話をします。

FXでの借金=ギャンブルの借金だから自己破産できない(免責事由にあたらない)

という見解もありますが、これは裁判官の裁量次第で決まってきます。また自己破産以外にも、任意整理・個人再生・特定調停で利子を払わずに元本のみで借金を減額する手段もあります。

FXの借金で悩んでいる人は1度弁護士に相談をしてみたほうが良いですよね。

 

FXで負ける・借金する人の5つの特徴について【まとめ】

まとめると、FXで負けて借金をする人は次の特徴です。

  • 運で勝ったときに実力と勘違いをする

  • 必要以上にレバレッジをかけてリスクを取った勝負をする

  • トレードで感情的になって損失を出してしまう

  • 計画性がなく狼狽売りをしてしまう 
  • 負けを取り返そうとギャンブルのようにのめり込む

FXをこれから始めようとする人は、同じ失敗をしないように注意をしていきましょう!